トップページ >> 事業案内 >> 印刷業務/UV印刷

UV印刷

不可能を可能にするUV印刷

uv

UV印刷とは、紫外線(Ultra Violet ray)に速乾性のあるUVインキを使用し、UV(紫外線)を照射することで、インキを強制的に硬化(乾燥)させる印刷手法です。
従来のオフセット印刷では、酸化重合(空気に触れて固まる)インキを使用するため、印刷後の乾燥のために半日から1日程度が必要となり、非吸収性のユポなどの合成紙、アルミ蒸着紙、PP、PETへの、高品質な印刷は不可能でした。
UV印刷では紫外線をあてることで瞬間的にインキを硬化させるため、納期の短縮が実現しました。
また、PP・PET・アルミ蒸着紙などの乾燥しにくい特殊素材への印刷が可能になりました。

油性インキと比較した場合のメリット

  • 裏移りの心配がまったくない
  • 印刷素材の幅が広がる
  • 印刷直後から後加工にかかれる
  • 印刷表面が摩擦に強い
  • 乾燥用パウダーが不要
  • 変色や褐色が少ない
  • 豊かなデザイン表現を実現
  • UVニスの効果を高める

UV印刷の用途

UVインキは瞬間硬化及び、インキ皮膜の強さなどの優れた特性があるため、印刷分野で幅広く用いられています。
印刷直後に巻取りや加工を行う必要のあるビジネスフォーム印刷、シール印刷、軟包装材へのフレキソ印刷をはじめオフセット印刷分野では、印刷表面の強度が必要な紙器印刷やフィルム、プラスチック、金属等インキの浸透がない素材への印刷に利用されています。
また、シルクスクリーン印刷分野でも多用されています。